牽引(けんいん)性脱毛症

ホーム ≫ 牽引(けんいん)性脱毛症

「牽引(けんいん)性脱毛症」は、ヘアスタイルによって引き起こされる
女性の抜け毛・薄毛の症状。
今回は、牽引性脱毛症予防のために気をつけたいことを紹介します。

同じ分け目で髪の毛を結びつづけると分け目部分から髪の毛が薄くなってしまう危険性大!

牽引性脱毛症は、髪の毛を結ぶ習慣のある女性に起きやすい薄毛の症状。
一時的に髪の毛を結ぶ分には発症しにくいですが、いつも同じ結び方をしていると、牽引性脱毛症になる可能性があります。
もちろん男性でも、長髪で髪の毛を結んでいる人は、薄毛の原因になることがあります。

「牽引」という言葉のとおり、髪の毛を引っ張ることで引き起こされる、この症状。
髪の毛を結ぶと、生え際や分け目に負担がかかり、頭皮が緊張状態になります。
その状態が長時間続くと、頭皮の血行不良がおき、髪の毛をつくる組織に栄養が届かなくなり、抜け毛・薄毛へとつながってしまいます。
「いつも同じ分け目で髪の毛を結んでいたら、分け目がくっきりしてきた」という経験がある人も多いのではないでしょうか?

また、髪の毛を結ぶ以外に「エクステ(ヘアーエクステンション)」が原因になる場合もあります。
エクステの場合も、頭皮に髪の毛の重さによる負担がかかり、しかも長時間に及ぶため、要注意です。
もともと髪の毛の薄毛が心配な人は、エクステは止めておきましょう。

頭皮にリラックスを与えることを忘れずに
食事にも気を付けましょう!

牽引性脱毛症を予防するには、頭皮の緊張状態が続かないようにすることが大切です。

髪の毛を毎日結んでいる人は、時々ほどく、家では結ばないようにするなどして、頭皮の緊張をほぐしてあげましょう。
ヘアスタイルを変えて、結ばなくてよい髪の長さにするのも手です。
髪の毛を切るのに抵抗がある人は、分け目を毎日変えたり、きつく結び過ぎないようにしたりしてアレンジを。

もし「牽引性脱毛症かも」と感じたら、まずはヘアスタイルを変えて頭皮を緊張状態から解放しましょう。
ちょっと気になる程度なら、ヘアスタイルを変えて様子をみても良いかと思います。
かなり進行していまっている場合は、医療機関に相談を。
もしかしたら、別の原因もあるかもしれないので、カウンセリングを受けてみることをおすすめします。

牽引性脱毛症は、血行不良によって髪の毛をつくる組織に栄養が届かなくなることが問題です。
頭皮の血行が良くなるように、頭皮をマッサージしたり、バランスの良い食事をしたりして、頭皮の健康にも注意しましょう