脂漏(しろう)性脱毛症

ホーム ≫ 脂漏(しろう)性脱毛症

今回は、抜け毛・薄毛の症状のひとつ「脂漏(しろう)性脱毛症」について紹介します。

頭皮の皮脂の過剰分泌によって、常在菌が繁殖して炎症をおこし 脱毛につながる「脂漏(しろう)性脱毛症」

「脂漏」とは、皮脂腺の分泌が過剰なことを表す言葉。
「脂漏(しろう)性脱毛症」は、頭皮の皮脂の過剰分泌によって引き起こされる脱毛の症状のことです。
毛穴を塞ぐほど皮脂が過剰に分泌されると、毛穴の周りで常在菌が繁殖し、頭皮が炎症を起こします。
その結果、髪の毛が抜けてしまうことになるのです。

脂漏性脱毛症になった場合、毛穴を皮脂が塞いでいるのが目で確認できるほどで、毛穴部分は赤くなっています。
皮脂を取り除いたとしても、すぐに毛穴から皮脂が出てきて、常時ベタベタとした状態に戻るのも特徴です。
悪化すると、脂漏性皮膚炎になり、かゆみ・化膿・痛みを伴うこともあるので、気づいたら早めに治療を始めましょう。

育毛サロンでは、薄毛の原因として「脂漏性脱毛症」と診断されることもありますが、本当に脂漏性脱毛症になっている人はごくわずか。
「皮脂が多い人=脂漏性脱毛症」というわけではないので、サロンで診断されたからといって鵜呑みにしないようにしましょう。
勝手な自己判断も、誤ったケアにつながるので要注意。
ただしい原因は、医師の診断に任せるのが一番です。

頭皮の常在菌のバランスを保つことが大切! ビタミンB群を積極的に摂取して、脂肪分の多い食べ物は控えめに

脂漏性脱毛症の原因は、はっきりと解明されているわけではありませんが、過剰なヘアケア、ストレス、食事のバランスの悪さ、ホルモンバランスの乱れなどが関係していると考えられています。
また、皮脂の分泌が活発な成長期・思春期の男性に起こりやすいとも言われています。

もしも脂漏性脱毛症になってしまった場合は、頭皮を健康な状態にすることが大切です。
病院では抗ヒスタミン剤や外用抗真菌剤を処方されることになると思いますが、日々の頭皮・頭髪のケアは自身で行う必要があります。
過剰に皮脂が分泌されている間は、頭皮への刺激が少ないシャンプーで、皮脂を取りのぞくように、丁寧にやさしく洗いましょう。
脂漏性脱毛症は、皮脂を取り除けば治るわけではありません。
頭皮の常在菌が繁殖し過ぎないように、バランスを保つことが理想的
です。

食事のバランスにも、十分に気を配ること。
とくに、ビタミンB群は積極的に摂るようにしましょう。野菜・フルーツ・魚介類などを積極的に摂ると良いですね。
とくに、ビタミンB群に含まれる「ナイアシン」は、粘膜や皮膚を健康に保つ効果を持っています。
ナイアシンは、カツオ・ブリ・サバなどの魚類、豆類、果実類に多く含まれているので、ぜひ食事に加えましょう。
一方、なるべく避けたいのは、脂肪分の多い食品や刺激物です。
ナッツ類、肉類、スナック菓子、辛みや塩分が強い食べもの等は控えめに。
また、日頃の生活では、タバコ、アルコール、コーヒーもできる限り避け、健康に過ごすようにしましょう。
適度な運動でストレスを解消するのもおすすめです。