分娩後脱毛症

ホーム ≫ 分娩後脱毛症

出産後の女性にみられる脱毛の症状は「分娩後脱毛症」と呼ばれています。
この症状は、女性ホルモンのバランスの変化によって起きる一時的なもの。
出産後に急に抜け毛が増えて、驚いたりショックを受ける人もいるかもしれませんが、ホルモンのバランスが整うとともに回復してくるので、気にしすぎないことが大切です。

分娩後脱毛症は一時的なもの。女性ホルモンが関係しています

「分娩後脱毛症」は、出産後3カ月くらいから、抜け毛や薄毛が気になってきます。
これは女性ホルモンのバランスの変化によるもので、黄体ホルモン(プロゲステロン)と卵胞ホルモン(エストロゲン)が関係しています。

女性は、妊娠していない時は、黄体ホルモン(プロゲステロン)と卵胞ホルモン(エストロゲン)が交互に優位になることを繰り返していますが、妊娠すると黄体ホルモンのみが優位に働くように。
そして、出産後には、再び卵胞ホルモンが働き始めます。
卵胞ホルモンは、毛髪を発達させる働きがあるため、妊娠中に抜けるはずだった毛髪が一気に抜けてしまうと考えられます。

このような出産後の抜け毛は一時的なもので、ホルモンバランスが整うと、次第に解消されるので、気にしすぎないようにしましょう。
個人差はありますが、おおむね半年から1年程度で元の状態に戻ります。
ある程度時間が経過したのに元に戻らなかったり、回復が見られなかったりした場合は、専門医に相談してみましょう。

出産後の薄毛や抜け毛を悪化させないためには生活習慣にも気を付けることが大切

出産後の抜け毛や薄毛は誰にでもおこりうることですが、出産後の生活習慣によっては、悪化させてしまうことも…。 ここでは、悪化の一因となっている事柄を紹介します。 産後の髪の毛で悩まないように、気を付けていきたいですね。

産後のストレス

出産後は、育児も始まり、生活リズムも大きく変わります。 赤ちゃんの夜泣きや授乳で、睡眠不足になったり、疲労がたまったりし、ストレスを感じる人も少なくありません。 人はストレスを感じると、脳の視床下部が対処する仕組みになっています。 ここは、女性ホルモンの分泌にも関係している場所なので、ストレスを対処していると、ホルモンの分泌が後回しになってしまうのです。 毛髪の成長にかかわる卵胞ホルモンが分泌されないと、髪の毛の量がなかなか戻らないということにも…。 ストレスをゼロにすることは難しいですが、うまくストレスを発散できる方法を見つけて、対処していきましょう。

骨盤のゆがみ

女性の骨盤は出産によって広がるのですが、そのまま固まると、ゆがみが生じてしまうことがあります。 骨盤のゆがみで子宮が圧迫されると、血流が悪くなり、卵巣に十分な栄養が届かなくなることも。 卵巣の栄養が不足すると、エストロゲンの生成が滞ることになり、ホルモンバランスが崩れてしまうことがあるので、気を付けましょう。

過度のダイエット

「妊娠・出産で太ってしまったから」といって、過度のダイエットをするのはNG。急激な減量をすると、視床下部が栄養失調に陥り、エストロゲンをはじめ、ホルモンの分泌量も低下してしまいます。エストロゲンの分泌が減少すると、髪の発達はもちろん、肌や頭皮にも悪影響。 キレイな髪・肌をキープするためにも、無理なダイエットは避けるのがベターです。

出産後の薄毛や抜け毛対策は規則正しい生活+イソフラボンで。

「分娩後脱毛症」は一時的な症状なので、深刻に悩むことはありません。
でも、悪化しないように、そして早く回復するようにしたいですよね。
ここでは、出産後の薄毛や抜け毛の対策を紹介します。

規則正しい生活を心がける

産後は赤ちゃん中心の生活になってしまいますが、できるだけ規則正しい生活を心がけましょう。
夜の10時から深夜2時は、「肌のゴールデンタイム」と呼ばれる時間ですが、副交感神経が優位になる時間帯でもあります。
毛母細胞が生まれ変わったり、老廃物を排出したりする時間なので、この時間は睡眠をとれるようにしたいですね。

ストレスや不安をためない

子育ての不安や精神的なストレス、そして寝不足による身体的ストレスも、薄毛・抜け毛の悪化の一因に。
家族やママ友と話したり、相談したりして、少しでもストレスや不安を解消するようにしましょう。
家族に協力してもらって、自分だけの時間を過ごしたり、自分をケアする時間を持ったりするだけでも、ストレス解消につながります。

エストロゲンに似た働きをする「大豆イソフラボン」を摂取

健康な肌や髪に欠かせないエストロゲンですが、その化学構造と類似しているのが「大豆イソフラボン」。
構造だけでなく働きも似ているので、エストロゲンの働きを補ってくれます。
健康のためにはバランスの良い食事が大切ですが、抜け毛が気になる場合は、大豆食品を意識して摂ることもおすすめです。
納豆、豆乳、豆腐のほか、厚揚げ、枝豆にもイソフラボンが含まれています。