女性の薄毛対策ガイド

女性用育毛剤の種類と期待される効果とは

女性用の育毛剤は、化粧品会社や製薬会社から販売されており、商品ごとにさまざまな特徴の違いがあります。育毛剤に配合された成分の違い、薬事法による分類、容器のタイプや使い方にも違いがあります。
数多い女性用育毛剤の中から、自分にピッタリのものを選ぶには、それぞれの商品の特徴や用途、期待される効果などについて理解すると良いでしょう。

女性用育毛剤にはどんな種類があるの?

女性用育毛剤を2種類に分けると、頭皮に直接塗るタイプとサプリメントなど飲むタイプのものがあります。頭皮に塗るタイプの女性用育毛剤は、頭皮の血行を促す作用、女性ホルモンが含まれた育毛剤、頭皮の毛根に栄養補給する育毛剤などがありますので、頭皮や髪の状態に合うものを選んで使うと良いでしょう。

女性ホルモン配合の育毛剤

女性ホルモンが配合された育毛剤は、とくに更年期以降の女性に適しています。更年期になると、女性ホルモンのエストロゲンの分泌量が減少するため、薄毛や抜け毛、脱毛症にかかる人もいます。女性ホルモンを投与する方法もありますが、副作用のリスクがありますので、医師の処方により使用するようにしましょう。
市販の女性ホルモンが配合された育毛剤は、頭皮におだやかに働きかけるのが特徴的です。薬剤が配合されたものではなく、大豆イソフラボンなど、女性ホルモンのエストロゲンとよく似た成分が配合されている育毛剤もあります。

頭皮の血行を促す女性用育毛剤

女性用育毛剤には「ミノキシジル」が配合されたものもあります。ミノキシジルは頭皮の血管を拡張する作用があるとされています。医療機関で行われている脱毛の治療は、病気やけがの治療とは違い、健康保険適用対象外となります。ただし、円形脱毛症の治療で使われているフロジン液(塩化カルプロニウム)を用いた治療を受ける場合は、健康保険が適用されるケースもあります。
頭皮の血行を促す効果が期待される女性用育毛剤は、薬剤が配合された育毛剤も販売されていますが、漢方や生薬、自然の植物エキスが配合された髪と頭皮に優しい育毛剤もあります。

女性用育毛剤で毛母細胞と毛根に栄養補給

女性の薄毛や抜け毛は、頭皮の毛根や毛母細胞の栄養不足が原因とされるケースも多いようです。健康な毛髪を発毛・育毛させるには、毛根と毛母細胞に栄養素を十分におくりこまなければなりません。栄養が十分に行き渡らなくなると、発毛しても髪が細くなり、髪が抜けることもあります。

現在、市販されている女性用育毛剤のほとんどが、毛根と毛母細胞に必要な栄養を補給させて頭皮環境を良好に保つタイプです。脂肪酸や必須アミノ酸、漢方や市生薬、ハーブなどの自然の植物エキスがバランス良く配合された育毛剤は、薬剤が含まれていないので、安全性が高くて安心して使えます。

この他には、頭皮の抗炎症、殺菌作用が期待される女性用育毛剤もあります。頭皮の炎症が原因で、発毛・育毛が妨げられるケースもあります。また、頭皮の乾燥により、ふけやかゆみをともなうこともあります。頭皮の乾燥など気になる場合は、保湿成分がたっぷり含まれた女性用育毛剤を検討してみましょう。

飲むタイプの女性用育毛剤に期待される効果は?

飲むタイプの育毛剤は、医薬品として販売されているものやサプリメントがあります。
厚生労働省では、プロペシア(フィナステリド)と呼ばれる内服薬がありますが、おもにAGA(男性型脱毛症)の治療薬として医療機関で処方されています。AGAは、男性ホルモンの分泌が原因で発症する髪の症状なので、プロペシアが配合された育毛剤や治療薬が、女性の薄毛や抜け毛に処方されることはありません。また、女性には副作用をともなうリスクが高いとされ、女性が服用することはできません。

育毛サプリメントは食品扱いなので、安全性が高くて副作用の心配もまずありません。頭皮の毛母細胞の働きを活性化させる効果が期待される成分としてイソフラボン、細胞分裂を活性化させる成分として亜鉛、頭皮の血流を促す働きが期待されるトウガラシ由来のカプサイシンなどがバランス良く配合されています。
ミネラルやビタミン、必須アミノ酸など頭皮と髪の健康を維持するために必要な栄養素が含まれている育毛サプリメントもあります。

体の内側から頭皮と髪に必要な栄養素を摂り込むことで、健康な毛髪を発毛・育毛させる効果が期待されることでしょう。

育毛剤の種類(化粧品・医薬品・医薬部外品)の違いは?

・医薬品の育毛剤の特徴

医薬品として販売されている育毛剤には、ミノキシジルやフロジンと呼ばれる成分が配合されたものがあります。フィナステリドが配合された育毛剤は、ドラッグストアでは購入することができません。
フィナステリドは、医師の処方が必要とされる医療用の医薬品に分類されています。ミノキシジルやフロジンが配合された育毛剤は、薬事用により第一類・第二類・第三類医薬品のいずれかに分類されており、商品パッケージに表示されています。

医薬品として販売されている育毛剤は、薬事法により、育毛剤としての効果や効能が認められたものです。ただし、発毛・育毛の効果が期待される反面、人によっては肌質や体質に合わない、または副作用を引き起こす可能性もあります。

・医薬部外品の育毛剤の特徴

医薬部外品として販売されているものは、医薬品と化粧品の中間であり、医薬品として販売されている育毛剤に比べると、副作用のリスクが低く、安全性が高いものです。
薬用育毛剤として販売されている育毛剤の多くは、医薬部外品に分類されています。医薬部外品に分類された育毛剤は、薬事法によって認められて成分のみ、効果と効能を掲げることが許可されています。育毛剤としての効果は、比較的緩やかで、髪と頭皮に穏やかに働きかけます。

・化粧品の育毛剤の特徴

化粧品として販売されている育毛剤は、薬事法によって認められた医薬品が含まれていないので、効果・効能を謳うことは許可されていません。育毛剤の作用は、医薬部外品よりも、もっとおだやかなので、薬剤による刺激で頭皮や肌がかぶれやすい人や、敏感肌の女性にはこのタイプの育毛剤がおすすめです。
保湿成分や血行を促す働きが期待される成分、頭皮環境を清潔に保つ成分など、自然の植物エキスが配合されている育毛剤は、化粧品に分類されています。


女性の薄毛対策ガイド