女性の薄毛対策ガイド

ツボ押しによる女性の発毛と育毛の効果は?

女性の発毛・育毛対策として、育毛シャンプーや育毛剤を使う方法、育毛サプリメントを飲む方法などがありますが、ここではもっとも原始的なツボ押しについてご紹介したいと思います。ツボ押しの良い点は、とくに道具を揃える必要もなく、いつでもどこでもできることです。空いた時間にぜひ実践してみてください。

わたしたち人間の体には、無数のツボが存在していると言われており、肩こりに良いとされるツボや、目の健康に良いツボもあります。そして、血行を良くして女性の薄毛や抜け毛を防ぐツボもあります。

古い昔から、ツボ療法がおこなわれており、手指の圧力でほどよい刺激を受けて血行を自然に促す効果が期待されます。ツボ押しを行うことにより、血管拡張作用や冷え症の解消など、体のさまざまな不調を解消する効果が期待されています。

女性の発毛・育毛に効果的な頭にあるツボとは?

女性の発毛・育毛に良いとされる頭皮のツボがいくつかありますので、ご紹介しましょう。

百会(ひゃくえ)

・百会の位置
頭頂部(両耳を結ぶ中心部)にあります。百会を手指の腹で適度に圧をかけて刺激を加えると、頭皮の血行が良くなると言われています。

・百会を押して分かること
頭皮の健康状態を知るには、百会を中指の腹の部分を使って強く圧力をかけて押してみましょう。心地良く感じられるのであれば、良好な状態と判断して良いでしょう。
もし、痛みが感じられたり、固くなっていると感じたりするようであれば、血行が滞っていて血液がドロドロになっている可能性があります。血流が滞っていて、頭皮の毛根や毛母細胞に栄養が行き渡りにくくなっていると予想されるので、注意が必要です。
手指で触れてみて、ほとんど弾力性が感じられることなく、ぷよぷよしている時は、血液やリンパの流れが悪くなり、滞っている状態と考えられます。髪の発毛と育毛には良くない状態なので、頭皮マッサージやツボ療法を実践することをおすすめします。

・百会を押すとどんな効果がある?
百会というツボは、発毛・育毛に良いことはもちろん、頭痛を解消するツボとも言われています。また、精神的な疲労やストレスを緩和するツボのひとつであり、百会のツボを押すと、血行促進作用が期待されます。

角孫(かくそん)

・角孫の位置
耳の穴を隠すように耳全体を前に折り曲げた時に、耳のてっぺんがあたる部分に位置しています。耳の上の髪の生え際に位置しており、口を開閉した時にへこむ部分です。

・角孫を押すとどんな効果がある?
適度に刺激することによって、頭皮の血行を自然に促し、薄毛や抜け毛を防ぐ効果が期待されます。

玉枕(ぎょくちん)

・玉枕の位置
後頭部に2カ所あります。両目の位置からまっすぐ平行に、後頭部へと線を引くイメージを持ってください。そして、その線をたどり後頭部の盛り上がりに当たったら、ややくぼんだポイントを探します。その中心から、左右指2本くらい外側に位置しています。

・角孫を押すとどんな効果がある?
適度に刺激すると、頭頂部の薄毛を防ぐ効果が期待されます。この他にもめまいや頭痛、視力の低下、白髪を防ぐ効果があると言われています。

頭以外にある、発毛・育毛に効果的なツボは?

ここでは、頭皮以外で女性の薄毛や抜け毛を防ぐツボについて、ご紹介します。

陽輔(ようほ)

陽輔は、スネの下、外くるぶしから指が5.本分くらい上に位置するツボで、この部分を適度に刺激すると、側頭部の発毛・育毛を自然に促す効果が期待されています。陽輔のツボを押さえることによって、発毛・育毛の他にも坐骨神経痛や腰痛を解消する効果が期待されています。

湧泉(ゆうせん)

湧泉は、両足の裏側に位置しており、とくに育毛に効果的とされています。湧泉の位置は、足指を曲げた時にへこみ、「へ」の字を描いたようになります。土踏まずの少し上の中央あたり、への字の中心のくぼんだ部分です。

湧泉のツボを押すと、腎臓の機能を向上させて、体の水分の調整を良くして、体をよく温めて自律神経の働きを正常にする効果が期待されます。

ふ陽(ふよう)

ふ陽は、ふくらはぎの外くるぶしから指4本分くらい上に位置しており、アキレス腱の横にあります。ふ陽のツボを押さえると、頭のてっぺんの部分の発毛と育毛を自然に促し効果が期待されます。

女性の薄毛対策ガイド