女性の薄毛対策ガイド

頭皮環境が気になる女性が今すぐ行うべき育毛・抜け毛対策とは?

年齢を重ねるごとに、肌の老化を招くとともに、頭皮環境や髪も少しずつ変化しています。加齢により、薄毛や抜け毛で悩んでいる女性もたくさんいますが、その一方で20代や30代の若い女性にも、頭皮環境の変化による薄毛や抜け毛で悩む人が増えてきました。

薄毛や抜け毛を改善するには、まずはその原因を正しく突き止めて、できるだけ早いうちから育毛対策を行うことが肝心です。

パーマやカラーリング、白髪染めの注意点

パーマやカラーリング、白髪染めなど、女性にとって、ヘアスタイルを変えたり、髪の色を変えるのは、楽しみのひとつであり、女性のおしゃれでもあり、身だしなみですよね。しかし、白髪染めやカラーリング、パーマなどの美容の施術には、薬剤が使われており、中には薬による刺激が強いものもあります。

肌や頭皮が敏感な女性にとっては、髪のおしゃれを楽しんでいたつもりが、髪と頭皮にダメージを与えることもあります。美容院に行くと、頭皮と髪にやさしい低刺激のカラーリング剤やパーマ液などもありますので、気になる人は相談すると良いでしょう。

白髪染めやパーマをする前に、薄毛や抜け毛が気になり始めたら、まずは行きつけの美容院で相談すること、そして薄毛や抜け毛が目立つようになったら、パーマやカラーリングを控えて、育毛対策についてアドバイスしてもらうと良いでしょう。

白髪が目立つので、カラーリングをしたい場合、美容師に相談して、頭皮と髪に優しいタイプの白髪染めやカラーリング剤を選ぶようにしましょう。髪と頭皮の健康を守るには、できればなにもしないほうが良いですね。

女性ホルモンのバランスの乱れに注意すること

女性の薄毛・抜け毛の原因のひとつとして、女性ホルモンの分泌量の変化が考えられます。とくに、40代後半から50代になると、女性ホルモンのエストロゲンが減少しますが、20代、30代で妊娠・出産を経験する女性は、女性ホルモンの分泌量が急激に変化することもあります。

ピル(経口避妊薬)を服用している人や、妊娠中、出産後、そして加齢による女性ホルモンの減少により、女性の頭皮環境にもさまざまな影響を及ぼすことがあります。そして、女性の薄毛と抜け毛と深い関係があることを理解する必要があります。

とくに、ピルを長期間服用する人は、女性ホルモンのバランスが乱れることもありますので、これを改善するには、女性ホルモンのエストロゲンとよく似た作用を持つとされるイソフラボンの成分が多く含まれた大豆や、豆乳などの大豆加工食品を積極的に摂取することをおすすめします。

薄毛や抜け毛を解消するために、シャンプーや育毛剤などのヘアケア製品にこだわる人もいますが、それ以前に毎日の食生活は栄養バランスを良くして、できるだけ刺激の強い食べ物の摂取を控え、運動不足にならないように気をつけて、ストレスや疲労をためないように心がけることです。

シャンプー育毛剤の正しい使用法を心がけて薄毛・抜け毛対策

シャンプーで薄毛・抜け毛対策

毎日のヘアケアで欠かせないのがシャンプーであり、髪と頭皮を清潔に保つ必要があります。頭皮の毛穴に汚れや皮脂が詰まっていると、髪の毛が抜けやすくなり、ふけやかゆみの原因となります。また、シャンプーをして頭皮を洗いすぎると、頭皮に必要な皮脂が落ちてしまい、頭皮が乾燥して炎症を起こす原因となります。
シャンプーは、頭皮環境と髪質に合うものを選び、正しい使い方を心がけることで、頭皮と髪の健康を維持することができます。

育毛剤で薄毛・抜け毛対策

女性の薄毛・抜け毛対策と言えば、真っ先に思い浮かぶのが、育毛剤を使う方法ですね。育毛剤には男性専用のものもあれば、女性専用、そして男女兼用タイプもありますが、とくに「センブリエキス」や「ヒオウギエキス」などの生薬や、漢方の成分が配合された育毛剤を使うと良いでしょう。

センブリエキスとは、自然の植物のセンブリから抽出されたエキスで、頭皮の毛母細胞の働きを活性化させる作用、そして血液の流れを促す作用が期待されています。育毛剤によっては「グリチルリチン酸2K」が配合されたものもあり、頭皮のかゆみやふけを抑える作用が期待されています。

この他には、頭皮の乾燥を防ぐ成分として「オランダカラシエキス」が配合された育毛剤や、男性専用の育毛剤には、男性ホルモンを抑える作用が期待される「ヒオウギエキス」が配合されているものもあります。

育毛剤を使うことも良いですが、まずは、毎日の栄養に偏りがないように、栄養バランスの良い食事、そして運動や睡眠など食生活や生活習慣、運動や睡眠には十分に気をつけて、頭皮の内側と外側からのケアを行うことが重要です。

女性の薄毛対策ガイド