女性の薄毛対策ガイド

妊娠中や授乳中の女性が育毛剤を使っても大丈夫?

「妊活中や妊娠中、または妊娠している可能性が高い人、授乳中の女性が育毛剤を使っても大丈夫?」と、気になったことはありませんか。

「育毛剤を使うことで、髪や頭皮に育毛剤の薬用成分が浸透したら、体にも害があるのでは」と、気にする人もいるようです。ここでは育毛剤選びで気を付けたい点について、紹介していきたいと思います。

育毛剤を選ぶ前に成分表示を確認しよう

妊娠中や授乳中の女性が育毛剤を使用しても大丈夫かどうかは、育毛剤に配合されている成分にもよります。薬用育毛剤には、薬剤の成分が強いものもありますので、購入する前に必ず成分表示欄を見て確認しておきましょう。 自然派志向の育毛剤でも、添加物が多く含まれているものもありますので、ドラッグストアで育毛剤を購入する際は、薬剤師や店員に相談すると良いでしょう。

妊娠中や授乳中の女性はもちろん、妊活中の女性がもっとも注意しなければならないのが、>ミノキシジルやフィナステリドと呼ばれる成分が配合された育毛剤です。 これらの成分が配合された育毛剤は、医薬品として取り扱われています。おもに男性用育毛剤に配合されている成分なので、女性が使用するのは適していません。 妊娠している女性や授乳中の女性は、必要以上にヘアケアに気を遣うより、胎児と母体の健康を第一に考え、育毛剤の使用は慎重に判断しましょう。

妊娠中や授乳中はどんな育毛剤を選んだら良いの?

妊娠中から授乳中にかけて、女性ホルモンの分泌量の急激な変化や精神的な不安、ストレスにより、一時的に薄毛になったり、抜け毛が増えたりすることがあります。 産後は抜け毛が目立つ人もいるので、育毛剤を使う人もいますが、選び方や使い方が間違っていると、かえって頭皮と髪にダメージを与えることもありますので、注意が必要です。

それでは、妊娠中や授乳中に育毛剤を使うとしたら、どのようなものが良いでしょうか。ポイントは、頭皮と髪への刺激が少ない無添加の育毛剤であること。もしくは無添加に近い育毛剤です。アミノ酸系や弱酸性の育毛剤を選ぶようにしましょう。

妊娠中や授乳中は、髪が抜けやすい時期なので、あまり神経質になって育毛剤を使うよりも、まずは体力を回復させることです。それでも育毛剤を使いたいのであれば、安全性の高い女性用育毛剤を慎重に選びましょう。近年は、ネット通販で育毛剤を購入する女性も増えているので、不安な点があれば、販売メーカーに直接相談すると良いでしょう。

女性の薄毛対策ガイド