女性の薄毛治療薬

女性の薄毛治療薬「フロジン液」の特徴、期待される効果とは?

女性の薄毛や抜け毛の治療薬として知られる「フロジン液」の特徴と、期待される効果について紹介します。

フロジン液について

フロジン液は、円形脱毛症の治療薬(外用薬)として用いられています。
緑色をした液状の外用薬で、おもに皮膚科で処方される治療薬です。
内服薬として用いられることもありますが、その場合は、おもに胃液の分泌を高めるために処方されます。

・フロジン液は円形脱毛症の治療薬として利用されています

フロジン液は、初期の段階での円形脱毛症の治療によく用いられており、早めに治療を受けることで改善される効果が期待されます。
円形脱毛症とは、その名の通り、頭髪の一部の部位に円形の脱毛がみられる症状のことを指します。

精神的なストレスが原因で、円形脱毛症にかかることがありますが、FAGA(女性の男性型脱毛症)による抜け毛とは原因が異なるため、同じ治療薬が用いられることはまずありません。

フロジン液に含まれる塩化カルプロニウムは、血管を拡張させるとともに、血流を良好にする作用があります。
薄毛や抜け毛が気になる箇所に塗布すると、毛乳頭に必要な栄養素が行き渡り、毛母細胞の働きが活性化され、健康な毛髪が生える効果をもたらすものと考えられます。

・フロジン液の使用方法は?

フロジン液の主成分・塩化カルプロニウムが配合された育毛剤は、皮膚科専門医の診察を受けて処方されることはもちろん、ドラッグストアで購入することも可能です。
ドラッグストアなどで市販されている育毛剤はフロジン液の濃度が低いですが、医師から処方される薬は高濃度です。
病院やクリニックでは「フロジン外用液5%」が処方されるのが一般的で、1日に2~3回、薄毛や抜け毛が気になる部位に適量を塗布します。

フロジン液の治療に期待される効果は?

フロジン液を用いる治療法で、薄毛や抜け毛がどのようにして改善されるのか、フロジン液に期待される効果について、まとめてみました。

・頭皮の血行を促して発毛を促進する

フロジン液には塩化カルプロニウムが配合されており、血管を拡張させる作用があります。
そのため、頭皮の血行が良くなり、毛根や毛母細胞に十分な栄養素が行き渡り、自然な発毛が促進されます。

・フロジン液は低価格で低コスト

フロジン液は、円形脱毛症の治療を目的として使用される場合に、健康保険適用対象となります。
保険適用となると、低価格で入手でき、長期間での治療にも低コストですみます。

・フロジン液の気になる副作用は?

フロジン液による治療で、ごくまれに副作用をともなうケースがあります。
これまでに報告された副作用は、頭皮の発疹、頭皮や全身のほてりなど。
万が一、フロジン液による処方で、頭皮や全身に何らかの異常がみられる場合は、すみやかに医師の診察を受けましょう。

円形脱毛症の治療には、フロジン液が処方されるケースが一般的です。
フロジン液の成分が含まれた育毛剤はドラッグストアでも販売されていますが、自己判断ではなく、必ず専門の病院やクリニックで医師の診察を受けて、円形脱毛症と診断された場合に、フロジン液による治療を行うと良いでしょう。