女性の薄毛治療薬

女性の薄毛を治療する漢方薬の種類と期待される効果

女性の薄毛や抜け毛を治療するには、医薬品を用いる方法以外に、東洋医学による漢方薬を用いる方法があります。
ここでは、漢方薬による女性の薄毛治療の特徴と期待される効果について、解説します。

東洋医学・漢方からみた、女性の薄毛の原因

女性の薄毛はいろいろな原因が考えられますが、女性の薄毛の原因のひとつとして、精神的なストレスや疲労など、心身のバランスが崩れていることが考えられます。
そのため、女性の薄毛治療は、西洋医学による治療法だけではなく、漢方薬を処方する東洋医学が有効とされるケースもあります。

東洋医学(漢方医学)は、表面的な症状で判断するのではなく、患者の体質を見極めて漢方薬が処方されるので、自分に合った薬と出合えることも。
近年は漢方外来が設置された病院やクリニック、漢方専門医や漢方薬局などで、処方してもらえます。
東洋医学では、女性の薄毛について、どのような原因が考えられるのでしょうか。

・血虚(血液の不足)による薄毛

血虚とは、漢方医学では血液の不足のことを指しています。
頭髪の健康と血液の関係は深いといわれていて、髪の毛は「血の余り」であると考えられています。
わたしたち人間は、全身に血液が行き渡り、さらに余った血液から髪の毛が作られるという考え方です。
血液が十分に足りていれば、健康な毛髪を作ることができますが、血液が不足する、または血液循環が滞ってしまうと、髪に栄養が行き渡りにくくなり、薄毛や抜け毛といった頭髪のトラブルが引き起こされるという考えです。

・気虚(気の不足)による薄毛

漢方医学では「気虚」とは「気の不足」を意味する言葉であり、体にエネルギーが不足していて元気がない状態のこと、またはその状態が継続されることを言います。
ストレスや疲労が原因で、気力が衰えてしまうと、薄毛や抜け毛の症状が進行することもあれば、人によっては消化器系の病気を患い、免疫機能が低下することもあります。
「病は気から」という言葉の通り、精神的なダメージを受けて強いストレス状態になると、気の流れが滞り、自律神経系のバランスを崩すこともあります。

・腎虚(腎の低下)による薄毛

「腎」という漢字がついていますが、漢方医学では腎臓の他にもホルモン代謝、免疫機能、自律神経、生殖器のことを指しています。
「腎」が弱くなると、体の老化が進み、ホルモンバランスが崩れることによって、薄毛や抜け毛を引き起こすと考えられています。

女性の薄毛治療に適した漢方薬

漢方医学では、気・水・血のバランスから、ひとりひとりの患者の体質をしっかりと見極め、体質に見合う漢方薬が処方されます。
女性の薄毛を引き起こす原因は、おもに3つの原因が考えられていますが、薄毛の原因別にどのような漢方薬が処方されるのでしょうか。

・血虚(血液の不足)による薄毛…血液を補給する漢方薬

血虚(血液の不足)が原因とされる女性の薄毛には、健康な髪の毛を発毛・育毛させるために、血液を補給する作用が期待される漢方薬が処方されます。
十全大補湯(じゅうぜんたいほとう)、当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)などの漢方薬が処方されるのが一般的です。

・気虚(気の不足)による薄毛…気の流れを改善する漢方薬

気虚(気の不足)が原因とされる女性の薄毛には、気の巡りを良くするために、桂枝加竜骨牡蛎湯(けいしかりゅうこつぼれいとう)、柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)など、自律神経を整える作用が期待される漢方薬が処方されます。

・腎虚(腎の低下)による薄毛…腎機能の向上を目指す漢方薬

腎虚(腎の低下)による薄毛には、「腎」の機能を向上のために、補中益気湯(ほちゅうえっきとう)、八味地黄丸(はちみじおうがん)などの腎を補う漢方薬が処方されます。

漢方薬による女性の薄毛治療には、一人ひとりの患者の症状や体質に合う漢方薬が調合されます。
西洋医学は症状によって医薬品が処方されますが、東洋医学は体質を改善させることによって、薄毛や抜け毛の症状を回復させるという考え方です。
副作用のリスクが低く、体質に合う漢方薬が処方されるのが、漢方医学による治療のメリットです。
体質を改善させるには、長い時間がかかることもありますが、根気強く続けていきましょう。