女性の薄毛治療薬

女性特有の薄毛の治療薬としてプロペシアは適しているの?

プロペシアは、男性の薄毛の治療薬として用いられていますが、女性には適しているのでしょうか。 プロペシアの特徴や注意点などについて、詳しく解説します。

プロペシアってどんな治療薬?

アメリカの製薬会社が成人男性用の薄毛治療薬として開発したプロペシアは、現在60か国以上もの国々で用いられています。 プロペシアには、おもにフィナステリドと呼ばれる成分が配合されていることから、フィナステリド錠とも呼び、日本国内ではMSD株式会社(旧万有製薬)が、2005年より販売をスタートしました。

・プロペシアはAGA(男性型脱毛症)のみに有効とされる治療薬

プロペシアは、AGA(男性型脱毛症)の治療薬として用いられています。 AGAのおもな症状は、頭頂部や前頭部の頭髪が薄くなるのが特徴的で、AGA発症のおもな原因はDHT(ジヒドロテストステロン)と呼ばれる物質です。

DHTは、男性ホルモンのテストステロンが、5αリダクターゼTypeⅡと呼ばれる還元酵素によって変換されてできるもの。 DHTと毛乳頭細胞に存在する受容体が結合すると、髪の発毛と育毛を妨げてしまい、薄毛や抜け毛を引き起こします。 髪が生えても成長する前に抜けることもあれば、髪が短くて細い状態になり、薄毛になることもあります。

プロペシアは、DHTの増大を抑制する作用があるため、これによってAGAの症状を改善することが可能です。 ただし、円形脱毛症などAGAとは関係のない薄毛や脱毛症の治療には適していません

・プロペシアによる治療は健康保険適用対象外

AGAの治療薬として、医師の処方によりプロペシアが用いられていますが、薬価基準未収載品であるため健康保険の適用対象外自己負担での診療となります。1錠あたりの価格が300円前後と、高額な治療薬です。 薄毛の症状の度合いは個人差がありますので、治療にかかる期間や費用にも格差が生じることがあります。 ほとんどの人が3カ月~6カ月間の治療を継続することで、発毛・育毛の効果を実感できることと思いますが、使用する期間が長くなるほど、高額になりますので、経済的にも負担が大きくなります。 プロペシアは、インターネット通販での個人的な輸入が可能で、病院やクリニックで処方してもらうよりも、価格を安く抑えられます。 しかし、中には類似品も多く存在しているので、安全性を重視して、専門医に処方してもらうことをおすすめします。

・プロペシアの正しい使用方法

プロペシアは1日に1回、1錠を内服するのが基本。 服用する時間帯や食前、食後などの決まりはありません。 服用するのを忘れた場合も、翌日にその分をまとめて服用するのではなく、1日1錠ずつ服用します。 この薬は、肝機能障害や男性機能の低下といった副作用をともなう場合がまれにあります。 万が一、体に異常がみられた場合は、すみやかに医師に相談すること。

プロペシアが女性には適していない理由とは

プロペシアは、おもにAGA(男性型脱毛症)の治療薬として用いられている薬剤です。 女性の薄毛は、男性の薄毛とは原因が異なるため、女性の薄毛治療にプロペシアは適していません。 とくに、男児を妊娠している女性がプロペシアを服用すると、男児の生殖器に異常を引き起こすリスクがあります。 また、プロペシアの錠剤に触れるだけでも、有効成分が体内に入り、胎児に悪影響を及ぼす可能性も考えられるので、気を付けましょう。 医師が女性に対して処方することはまずありませんが、プロペシアが女性の薄毛の治療薬には適していないことは、十分に理解しておく必要があります。 プロペシアは成人男性を対象とした薬のため、未成年の人が服用することは禁止されています。