女性の薄毛治療薬

女性薄毛の治療薬 ロゲインの特徴と作用について

女性の薄毛治療薬として知られる「ロゲイン」の特徴と期待される作用について、説明します。

女性薄毛の治療薬「ロゲイン」の特徴

女性の薄毛治療薬「ロゲイン」は内服薬ではなく、頭皮に直接塗るタイプの育毛剤。 今回は、ロゲインに配合されている成分や、頭皮と髪にどのように働きかけるのか、詳しく解説します。

・ロゲインはミノキシジル配合

女性の薄毛治療薬 ロゲインの最大の特徴は、ミノキシジルが配合されていることです。 ミノキシジルは、前頭部や頭頂部が薄くなるAGA(男性型脱毛症)の治療に効果的な有効成分。もともとは血圧を下げるために使う血行促進剤として開発されたものでした。 頭髪治療においては、頭皮の血行を促すために用いられています。 女性には、おもにFAGA(女性の男性型脱毛症)の治療薬としてロゲインが用いられており、薄毛を改善させる効果が期待されています。 ロゲインには、血行促進、血管拡張作用のあるミノキシジルが含まれているので、頭皮に直接塗布することによって、毛根に必要な栄養素が十分に行き渡らせ、発毛を促すことができるのです。

・男性用と女性用のロゲインはミノキシジルの濃度が違う

ロゲインは、男性の薄毛や抜け毛治療にも使われていますが、男性用と女性用のおもな違いは、ミノキシジルの濃度です。 男性用のロゲインは、ミノキシジルの濃度が5%と高くなっていますが、女性用は2%と濃度が低くなっています。 それは、女性の薄毛や抜け毛は、男性用よりもミノキシジルの濃度が低くても十分な効果が期待できるためです。

女性の薄毛治療薬 ロゲインに期待される効果

女性の薄毛治療薬として注目されているロゲインには、ミノキシジルが配合されており、FAGA(女性の男性型脱毛症)の症状の改善効果が期待されています。 それ以外の薄毛の原因である場合は、効果が期待されないため、皮膚科や薄毛外来などでカウンセリングや検査、診察を受けて、薄毛の原因を正しく突き止めること。 そして、原因に見合った治療を受けるようにしましょう。

・血液循環を良くして、頭皮の薄い部位の発毛を促す

ロゲインを薄毛が目立つ部位に直接塗ると、ミノキシジル配合により、頭部の血流を良くしてくれるので、毛根に栄養素が十分に行き渡ります。 ロゲインを使い始めると、人によっては抜け毛が一時的に増える場合がありますが、3カ月~6カ月間と使い続けていくうちに、発毛の効果を実感できるようになってきます。 次第に抜け毛の量が減少し、薄毛が気になる部位の発毛が促進され、頭皮環境の変化を実感できるでしょう。

・女性用のロゲインを使いましょう!

ロゲインは男性用と女性用の2種類のタイプがあり、この違いはミノキシジルの含有量の割合です。 「ミノキシジルの配合率が高いほうが、女性の薄毛にはより高い効果が期待される」ということはありません。 むしろ、女性が男性用の高濃度のロゲインを使用すると、副作用をともなうリスクが高くなります。 必ず女性用のロゲインを使ってくださいね。 ロゲインは、FAGA(女性男性型脱毛症)が原因とされる薄毛の治療に用いられる薬です。 必ず女性用の低濃度のロゲインを処方してもらい、正しい使用法を心がけましょう。