女性の薄毛治療薬

女性薄毛の治療薬 「パントガール」の特徴と期待される効果

女性特有の薄毛を治療する内服薬「パントガール」の特徴と期待される効果について、紹介します。

女性の薄毛治療薬 パントガールとは?

女性の薄毛治療薬にはいくつかの種類がありますが、その中でもパントガールは、これまでの治療薬にはない特徴を持ち、女性特有の薄毛の原因に直接アプローチする新しいタイプの薬として注目されています。 女性の薄毛治療薬 パントガールの特徴や成分は、下記の通りです。

・女性の薄毛治療薬として

これまで、薄毛や抜け毛の内服薬と言えば、男性用のものが中心でしたが、パントガールの登場により、女性特有の薄毛治療薬として用いられるようになりました。 パントガールは、臨床実験の臨床データから、女性特有の薄毛治療に効果的ということが確認されています。 それまでは、男性用の治療薬を女性向けに改良された薬剤、または男性用の治療薬が使われていました。 しかし、男性と女性について比較すると、同じ薄毛や抜け毛の症状ではあっても、もともとの体質や原因に違いがあるため、男性用のものを女性用に処方しても、思ったほどの効果が期待されないケースも多数でした。

・パントガールに配合された成分とは?

パントガールには、健康な毛髪をつくるための成分、タンパク質のケラチン、パントテン酸カルシウム、アミノ酸のシスチン、ビタミンB群などが含まれています。 いずれも髪の毛にとって重要な成分で、パントテン酸カルシウムは、髪の毛や皮膚の組織を正常に維持するため、ビタミンB群は毛髪の健康をキープするために必要な成分です。

パントガールに期待される効果

女性の薄毛治療薬パントガールには、どのような効果が期待されているのでしょうか。

・びまん性脱毛症や出産後の薄毛に効果的

「びまん性脱毛症」は、女性に多くみられる脱毛症で、髪の毛が均等に薄くなり、髪の毛の分け目の部分、地肌が透けて見えるようになるもの。 びまん性脱毛症のおもな原因は、加齢による老化現象ですが、若い年代の女性も、精神的な疲労やストレス、偏食や無理な食事制限によるダイエットが原因で発症する可能性があります。 パントガールは、このような女性特有の薄毛(びまん性脱毛症)の改善に効果的とされていて、出産後の一時的な薄毛の治療薬としても用いられています。

・抜け毛防止と髪質改善にも

パントガールには、健康な毛髪をつくるための栄養成分が配合されています。 そのため、毛根の活性化、細胞組織の代謝を促進することができ、内服していくことで抜け毛を減らす効果が期待されます。 パーマや紫外線で傷んだ髪質を改善させるのにも適しています。

・実感するまでに、3か月以上の継続が必要

健康な毛髪をつくるには、頭皮環境を良好な状態に整える必要がありますので、ある程度の時間が必要です。パントガールは即効性はありませんが、1日に3回の使用を3カ月継続することで、効果を感じられると言われています。 すぐに思うような効果が出ないからといって、あきらめることなく継続して服用しましょう。 効果を持続させるために、6カ月~1年と長期で服用することも可能です。

パントガールの安全性が気になる! 副作用の心配は?

パントガールは、女性の薄毛治療薬として処方される内服薬であり、この薬は皮膚科や薄毛外来などの医師の診察と処方が必要となります。 しかしながら、タンパク質、ルシウム、アミノ酸、ビタミンなど、栄養補給的な成分が配合されているので、サプリメントのようなおだやかな薬となっています。 そのため、副作用については報告されていません。 ただし、妊娠した可能性が高い人や妊娠中の人、授乳中の人は服用を控えてください。 専門医の指示のもとに正しい服用をし、薄毛や抜け毛を改善しましょう。