女性の薄毛治療薬

女性の薄毛治療薬として用いられているパントスチンの特徴と期待される効果

女性の薄毛治療でよく使われている「パントスチン」と呼ばれる治療薬について、その特徴や期待される効果を詳しく紹介しましょう。

女性の薄毛治療薬・パントスチンとは?

パントスチンは、FAGAの治療薬として用いられている薬です。 男性型脱毛症(AGA)に対して、 女性の薄毛や抜け毛のことを「女性の男性型脱毛症」と呼ぶともあり、アルファベットの頭文字で「FAGA」と表します。

女性の薄毛や抜け毛には、さまざまな原因が考えられますが、加齢とともに女性ホルモンが減少すると、DHTと呼ばれる脱毛因子の影響を受けやすくなります。 そのため、髪全体が薄くなり、髪の毛が細くなることも…。 これが女性型脱毛症のFAGAのおもな特徴で、治療するための薬としてパントスチンが用いられることがあります。

・パントスチンは女性の抜け毛を抑える「アルファトラジオール」を配合

女性の薄毛治療薬であるパントスチンには、アルファトラジオールと呼ばれる有効成分が配合されています。 アルファトラジオールは、男性ホルモンのテストステロンがFAGAの原因となるDHT(脱毛因子)に変換されるのを抑制する作用 を持っています。 そのため、髪の毛が生える元となる毛根へのダメージを防ぐことができるのです。 そして、毛根を良好な状態に整えることができると、健康な髪を発毛させやすくなります。

・パントスチンは軽症のFAGAの治療に用いられる

パントスチンは、比較的軽症のFAGAの治療に用いられている薬です。 パントスチンが登場する以前は、男性向けに「プロペシア®」という治療薬が用いられていました。 しかし、ホルモンへの作用が強く、女性向けのものではないため、女性に使用することはできませんでした。 パントスチンのメリットは、穏やかに働きかけるので女性の薄毛・抜け毛の治療薬として利用できるということ。

また、これまでプロペシアの副作用が気になっていた男性も利用しやすいという点も魅力です。 プロペシアと比較してDHTを抑制する作用が緩やかであるため、パントスチンは軽症のFAGAに用いられているのです。

・パントスチンは医師によって処方される

パントスチンは医薬品ですから、薄毛専門の医療機関など、専門医によって処方される薬です。 パントスチンの使用方法は1日に1回、夜に薄毛が気になる部位に塗り、指先で薬剤を頭皮によくなじませて擦り込みます。 パントスチンを使って次第に改善の兆しが見られるようになったら、使用頻度を減らすなど、状況に合わせて回数を減らすことも可能ですが、独自での判断ではなく、医師の指示に従い、正しい使用方法を守りましょう。

女性の薄毛治療薬・パントスチンの特徴と効果は?

女性の薄毛治療薬・パントスチンを用いることによって、頭皮環境がどのように変化して、どんな効果が期待されているのでしょうか。

・毛根にダメージを与えることなく、女性本来の発毛機能を回復させる

パントスチンは、FAGA(女性の男性型脱毛症)の初期の段階からの使用が可能です。 早期の段階はまだ毛根が元気なので、抜け毛を防止するとともに、女性本来の発毛機能の回復が期待できます。 薄毛や抜け毛の状態や体質などにより、個人差がありますが、早い人ではパントスチンを使用開始してから1か月程度で改善の兆しが見られることもあるようです。
パントスチンは医薬品ですから、医師の処方により、正しい使用法を心がけましょう。

・パントスチンは副作用の心配が少ないのがポイント

パントスチンの魅力は、副作用の心配が少ないこと。 男性用の薄毛・抜け毛の治療薬プロペシアは、抑鬱状態、性欲の減退などの副作用が懸念されていますが、パントスチンは副作用の心配がほとんどなく、長期間で使用することも可能なのです。

パントスチンを用いることで懸念される副作用は、アルコール成分が含まれているため、ごくまれに頭皮の炎症を引き起こすケースがあるということ。 皮膚が弱い人は、医師に伝えておくと良いですね。

・パントスチンと発毛促進の薬剤の併用で、相乗作用が期待できる

パントスチンは、成長中の毛の抜け毛を防止するための薬剤。そのため、育毛を促す効果は期待できない薬です。 しかしながら、育毛促進の作用のある薬剤と組み合わせて用いることで、相乗作用が期待できます。 つまり、パントスチンで抜け毛を防止し、ほかの薬剤で育毛を促すということですね。 薬の処方は医師の判断によるので、どのような薬が処方されるのか、カウンセリング時に質問してみましょう。

従来の薬と比較して副作用のリスクが低いパントスチン。薄毛や抜け毛で悩む女性の強い味方になっています。