女性の薄毛に深くかかわっている!? 女性ホルモン「エストロゲン」

ホーム ≫ 女性の薄毛に深くかかわっている!? 女性ホルモン「エストロゲン」

女性の薄毛は、さまざまな原因がありますが、女性ホルモンとも密接に関係しています。
今回のテーマは女性ホルモンの変化と薄毛について。 健康な髪をキープするためにも、参考にしてみてくださいね。

女性が男性よりも薄毛になりにくいのは
女性ホルモン「エストロゲン」のおかげです

男性と女性を比べると、男性の方が薄毛になりやすいですよね。
なぜ、女性は男性よりも薄毛になりにくいのでしょうか?

それは、女性ホルモンの「エストロゲン」が働いているからです。
エストロゲンは卵胞ホルモンとも呼ばれ、女性らしさをつくるために欠かせないもの。
髪の毛を成長させるよう指令を与えたり、コラーゲンを作ることで抜けにくくツヤのある髪の毛にする働きがあります。
また、骨・皮膚・脳・自律神経にも関わっていて、妊娠のために子宮内膜を厚くする作用も。

男性の場合は20~30代で薄毛の症状が現れる人もいますが、同年代の女性で薄毛になってしまう人が(病気などの場合を除き)少ないのは、エストロゲンがしっかりと分泌されているおかげでもあるのです。

女性ホルモンの量が減る更年期に入ると 薄毛で悩みはじめる人も…

女性にとって欠かせないエストロゲンですが、残念なことに閉経前後から分泌量が減ってしまいます。

閉経前後の10年間(日本人の場合45~55歳ごろ)は、更年期と言われ、体の不調を感じやすい時期。
生理不順になったり、のぼせ、ほてりなどの症状が出てくることもあります。

エストロゲンが減少すると、髪の毛の量が減ったり、髪の毛自体が細くなったりしますが、それには男性ホルモン「テストステロン」も関係しています。

テストステロンは、男性の薄毛の要因にもなっていて、抜け毛に関係するホルモンです。
女性の体内で分泌されるテストステロンの量は男性の20分の1程度ですが、エストロゲンが減少すると、テストステロンが相対的に優位に働くようになるのです。

そのため、更年期は髪の毛についての悩みが増えてくる頃でもあります。

出産後の抜け毛・薄毛も女性ホルモンが関係

更年期になると、女性ホルモン「エストロゲン」が減少し、髪の毛について悩む人が増えてくることは前述のとおりですが、産後も髪の毛のトラブルで悩みやすい時期です。

産後の抜け毛や薄毛は「分娩後脱毛症」と呼ばれていて、多くの女性が悩んでいる症状。
産後3カ月頃から悩む人が多いのですが、原因は女性ホルモンの変化です。

女性は妊娠すると、エストロゲンよりも、黄体ホルモン「プロゲステロン」が優位に働くようになります。
プロゲステロンは、体温を上げたり、妊娠状態を維持する働きを持つホルモンです。

出産を終えると、再びエストロゲンが働き始めるようになります。
エストロゲンには毛髪を成長させる働きがあるので、妊娠中に抜けるはずだった毛髪が一気に抜けてしまう状態に・・・。
そのため、産後の抜け毛が起きてしまうのです。

悩ましい出産後の抜け毛ですが、ずっと続くわけではなく、あくまでもホルモンの変化による一時的なものです。
ホルモンバランスが整えば、次第に解消されるので、気にしすぎないでくださいね。

だいたい半年~1年ほどで元の状態に戻ると言われています。

ホルモンの変化による抜け毛を防ぐには日頃のケアが大切
気になるほどの薄毛の場合は、医師の診察を受けつつ治療を

更年期や産後のホルモンバランスの変化は、自分ではコントロールが難しいものです。
でも、抜け毛や薄毛で悩むことは、なるべく無いほうが良いですよね。

そのためには、日頃から頭皮・髪の毛の健康をキープすることが大切!
抜け毛・薄毛には女性ホルモンが影響していますが、それだけが原因でないこともあるのです。

【抜け毛・薄毛の原因として考えられること】

  • ストレス
  • 食事のバランスが悪い
  • 過度なダイエット
  • シャンプーが雑(ちゃんと洗えていない・すすぎが不十分など)
  • 頭皮の血行が悪い
  • 頭皮の毛穴が汚れて詰まっている

ホルモンバランス以外の原因は、自分でコントロールできることも多いのではないでしょうか?
ホルモン以外の原因で、薄毛を加速させないためにも、日頃のケアにも気を付けていきたいですね。

また、薄毛がとても気になるという人は、一度医師の診察を受けてみましょう。
クリニックでは、薄毛の原因解明からスタートします。
ホルモンの影響なのか、その他に原因があるのかが分かるだけでも、心の負担も軽くなるのではないでしょうか?
一人で悩んでいるとストレスも大きくなってしまうので、髪の毛にとっても悪循環。

最初は勇気がいるかもしれませんが、美しい髪の毛をとり戻すためにも、ぜひ最初の一歩を踏み出してみてください。