美容師ブログ

頭皮にフケ! そんな時に大切な頭皮ケアとは?

毎日シャンプーしているのに、なぜかフケがでてくるなんてことありませんか?ゆくて頭をかいた時に、フケが落ちてくることはありませんか?
それらは頭皮のSOSのサインなのです。早く気づき早く対処しなければなりません。

そもそもフケというのは、頭皮の古い角質が浮かび上がって落ちてきたものなのです。頭皮だけでなく身体全部の皮膚は、約28日で新たな新しい皮膚に生まれ変わろうとします。なので、ターンオーバーにより古くなった角質が落ちることは、何の問題もありません。しかし、うまく変わることができなくなり、残り続けた皮膚がフケや乾燥しすぎた白い粉となり皮膚から剥がれ落ちるのです。

そのような角質が、頭皮から剥がれ落ちたものをフケと呼びます。原因にはいくつかあり症状により異なります。

フケには大きく分けて2種類存在します。『乾性フケ』と『脂性フケ』です。2つともフケではありますが、全くの別物と考えたほうがいいでしょう。

『乾性フケ』とは

乾燥しているフケであり、白い粉となって落ちてきやすいフケです。原因には、ほとんどの場合頭皮の乾燥によるものでしょう。頭皮の乾燥により、肌荒れを起こし頭皮の痒みを起こします。

シャンプーのしすぎや、洗浄力の強いものを使っていることが、原因と考えることができるでしょう。頭皮の乾燥状態を長期間続けていると、免疫力が低下しフケを発症させる原因菌の増加を招きます。なので、気づいたらすぐにでもシャンプー頻度やお使いのシャンプー成分を見直す必要があります。

シャンプーの洗浄成分には、洗浄力の強いもの順に、高級アルコール系・石鹸系・アミノ酸系とあります。『乾性フケ』の疑いがあるかたは、アミノ酸系シャンプーに変えられることをお勧めします。

『脂性フケ』とは

『脂性フケ』の原因は、普段から頭皮に分泌されている皮脂が多くなったことが原因です。フケがで始めた時に、頭皮を触り指や爪に皮脂が多く付いていると、『脂性フケ』と疑ったほうがいいでしょう。皮脂が多く分泌されるには原因があり、マラセチアという菌が大量に活動しているからです。なので、そのマラセチア菌を除去しなければなりません。

マラセチア菌を除去するには、ミコナゾールやケトコナゾールといった薬用成分の入った、フケ用薬用シャンプーを使うことが望ましいです。

病院でも処方してもらえますが、薬剤師のいる薬局でも購入することが可能です。悩まれているかたは一度病院へ行かれてはいかがでしょうか?

フケというものは、決して上記だけが原因ではなくホルモンバランスの乱れや栄養不足も関係してきます。なので、生活リズムや食生活を今一度、見直しをしてみることも大切です。シャンプーを変え、生活を整えても改善されない場合は、病院で原因を究明してもらい、正しい治療を行いましょう。