美容師ブログ

髪の毛にやさしいものを見分けるには? 正しいシャンプーの選び方

シャンプーで、顔を洗ってください。
こう言われたらあなたは、どうしますか?
私は、洗います。
なぜなら、本当にいいシャンプーを使っているからです。

シャンプーは、自分の髪にも頭皮にもあった物を選ぶべきです。
どちらか片方だけを重視して選んでしまうと、後から後悔してしまう、何ていうこともあるかもしれないからです。
それでは、どのようにシャンプーを選ぶべきか、説明していきたいと思います。

シャンプーを選びは、界面活性剤をチェック!

シャンプーを選ぶ時に、最も重要なのが界面活性剤の種類です。
界面活性剤とは、いわゆる泡立てる成分のこと。
種類によっては、頭皮や髪にダメージを与えることがあるので、注意が必要です。

界面活性剤は、大きく分けて以下の3つに分類できます。

●高級アルコール系・石油系
●石鹸系
●アミノ酸系

では、それぞれの特徴について説明していきます。

高級アルコール系・石油系

高級アルコール系や石油系は1番洗浄力があり、価格的にも1番安価です。
成分としては、ラウレス硫酸Na、パレス硫酸ナトリウムなど「硫酸」とつくもの、スルホン酸などとつくものが、代表的です。
特徴としては、少しの使用量で、とても泡立ちが良いことです。
しかし、泡立ちが良い分、髪のキューティクルが大きく開いてしまいます。
すると、そこから髪のアミノ酸、コラーゲンと言った必要な成分まで出ていきます。これでは、シャンプーで髪を痛ませているのと同じことで、当然カラーの退色やパーマのウェーブの垂れに繋がります。

頭皮に関しては、皮脂を取りすぎてしまうので危険です。
皮脂を取りすぎてしまうと、無くなった皮脂を補うため、頭皮が過剰に皮脂を出すという、悪循環になります。
頭皮のべとつきで困っているから取ればいい、と言う訳でもありません。
頭皮のべとつきが気になっている場合は、まずこの原因を疑いましょう。
3日に一度しか洗わない方には、合っていると思いますが、綺麗好きの日本人は大抵毎日洗うので、これほどの洗浄力は必要ないです。
食器用洗剤にも用いられている界面活性剤と同様の成分なので、そう聞くとなかなか使いにくいですよね。

石鹸系

石鹸系の界面活性剤は、髪や肌などに対して大きな影響があるわけではありません。
ベビーシャンプーなどに、使われていることが多いです。
特徴は、良くも悪くも、あまりありません。
高級アルコール系ほどの洗浄力がないものの、ほとんどのものは、皮脂を取り過ぎる傾向にあります。

髪に対しても、細かい石鹸カスなどがついてしまうものもあるので、ゴワつきなどを感じることがあるかもしれません。

アミノ酸系

アミノ酸系の特徴は、泡立ちがそれほど良くなく高価であること。
洗浄力は1番弱いが、汚れなどは十分落としきれます。
なので、頭皮の皮脂を取り過ぎるといった影響は、考えにくいです。

それに、活性剤が髪の成分のアミノ酸でできているため、髪にも優しいと言えます。
保湿効果も高く、形成を整えてくれる成分でもあります。
つまり、トリートメント効果としても期待できるということです。
あくまでもシャンプーなので、トリートメントした時のさらさら感までは期待できませんが、指通りは期待できます。

質の悪いシリコンは頭皮トラブルの原因に

シリコンは髪の傷をコーティングしてくれるものです。
このように聞くと良いものだと思いそうですが、質の悪いシリコンは頭皮にもべったり付いてしまうので、頭皮トラブルの原因になります。

シリコンは洗浄成分と違い、良いものと悪いものを見分けるのがとても難しいです。
成分表に書いてある位置も表示の一番上というわけでもないですし、種類も本当に多いのです。
ただ、ドラックストアなどにお置いてあるシャンプーの大半は、質の悪いシリコンが入っていると言えます。

なので、ノンシリコンシャンプーでオーガニックや、オイルシャンプーと書いてあるものがオススメです。
天然成分は髪に必要な分だけ浸透し、多すぎると流れ落ちてくれるので、ベトつきや頭皮トラブルになりにくいのです。
コーティングとは違うので、髪のボリュームがなくなることも考えにくいのです。

以上の事をふまえ、まずは自分に合う洗浄成分を確認し、髪だけでなく頭皮トラブルの起きにくいシャンプーを使用することをお勧めします。